ラージビッグバナー(970x90)

Linux

【Zabbix】特定の時間帯にアラート通知させない方法~トリガーを無効に~

更新日:

ビッグバナー(piglog)728px

毎日深夜のバックアップ処理のために CPU使用率が上がり I/O系 のアラートが発報することがあり、原因はわかっているので止めたいと思って対処しました。監視ツールはzabbixです。

指定した時間帯のトリガーを無効にする

アラート通知自体はアクションの設定で行いますが、障害として検知するかどうかはトリガーに指定した内容によって決まります。

例えば、メモリの使用率が80%を上回ったら障害と検知するのか、90%を上回ったらなのか、という具合です。

また、トリガーには複数の条件を組み合わせることができます。メモリ使用率の監視を例に挙げると

正常時は使用率が80%を上回ったら障害として検知する
障害状態(使用率80%を上回っている状態)では、使用率が70%を下回ったら復旧とみなす

こういう設定ができることによって使用率が閾値(80%)前後を推移している場合に、障害アラートと復旧アラートが頻繁に発報されるのを防ぐことができます。

 

これを応用して、深夜2時から5時までは障害として検知しない、というトリガー条件式を設定したいと思います。

 

Zabbixに設定するときは1行で書く必要がありますが、わかりずらいのでインデント付きで記載してみます。

わかりやすく書くと以下のようになっています。

(もともとのトリガー条件)and((0~2時まで)or(5~24時まで))

結果として、2時から5時までは障害として検知しないことになりますが、正確には、0時~2時までと5時から24時までのあいだでトリガーの条件に引っかかったら障害として検知するというものです。

これで不要なアラート発報をとめられるぜ~

以上です。

↓↓↓ 持っていると便利な一冊。

レクタングル (大)

レクタングル (大)

リンクユニット(レスポンシブ)

-Linux
-,

Copyright© ぴぐろぐ , 2018 All Rights Reserved.