ラージビッグバナー(970x90)

Windows

【Powershell】テキストやCSVファイルの列の合計値を取得する

投稿日:

ビッグバナー(piglog)728px

定例的なテキスト整形やデータ集計なんかは、コマンド操作でやっつけてしまいたいですよね。今回は、Powershell で CSVファイルの数値が記載された列(カラム)の合計値を取得する方法を紹介します。

テキストファイルの合計値を取得する

まずは、以下のようなテキストファイルでの処理の仕方です。

 

使用するコマンドレットとしては、「Measure-Object」で、以下のように使用できます。

 

ここから、Sum(合計値)を取り出します。

ワンライナーなら以下ですね。

 

measureコマンドのオプション指定によって、合計・平均・最大値・最小値 も取得できます。

 

他にはこんな書き方もできます。

この場合の注意点としては、型を指定しないと文字列として扱われてしまうので、intを指定する必要があるということです。

 

CSVファイルの特定の列の合計値を取得する

応用編として、CSVファイルを直接読み込んで、特定の列の数値の合計を取得します。こちらのほうが、実践的かと思います。

処理対象のデータとしては、以下のようなものです。

 

ここから、数値の列(2列目)のみ抽出します。補足ですが、カンマ区切りで2列目を取得しています。※0スタートなので、[1] を指定

 

ここまできたら、後は、テキストの処理と同じです。

 

あとは変数に入れて、Sumのみ取得します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

月次でデータ集計などを行う場合などに、こんな感じでぱぱっと終わらせられると仕事もはかどりますね。

ではっ

レクタングル (大)

レクタングル (大)

リンクユニット(レスポンシブ)

-Windows
-,

Copyright© ぴぐろぐ , 2020 All Rights Reserved.