ラージビッグバナー(970x90)

Linux Windows

LinuxマシンにWindows共有フォルダをマウントする方法

更新日:

ビッグバナー(piglog)728px

LinuxからWindowsのバックアップサーバにデータをアップロードする必要があるときなどに使えると思います。あとは、共有フォルダもLinuxマシンでsambaで共有している場合でも同じ方法でマウントが可能です。

LinuxマシンにWindows共有フォルダをマウントする方法

環境

  • クライアント:CentOS 7.4
  • 共有フォルダ:Windows Server 2016(またはLinuxでsamba共有)

手順詳細

事前に共有へ接続するためのユーザ作成や必要なパッケージのインストールを行います。

まずは、共有接続するためのユーザを作成します。Windowsのユーザです。共有の設定はできているとします。

 

ここからはLinux側での作業です。

cifs共有をマウントするために必要となる cifs-utils をインストールします。(samba-client は不要)

 

マウントポイントを作成します。

 

マウントします。

 

マウントできているか確認します。

 

共有フォルダのフォルダが見えていますのでマウントできています。

 

エラーが発生したとき

以下はパスワードが間違えているときや、共有フォルダのアクセス権が足りないときなどに表示されました。

 

以下は共有した領域に接続するWindowsユーザにパスワードが設定されていないときに表示されました。

基本的に空パスワードではマウントできませんが、以下URLで説明されているポリシーを変更する方法で可能となるようです。やるかやらないかは別として。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/418366

以上です。

↓↓↓ 持っていると便利な一冊。

レクタングル (大)

レクタングル (大)

リンクユニット(レスポンシブ)

-Linux, Windows
-

Copyright© ぴぐろぐ , 2018 All Rights Reserved.