ラージビッグバナー(970x90)

VMware

ESXi上のCentOSにNICを追加したときにifcfg-ensXXXがないときの対処法

更新日:

ビッグバナー(piglog)728px

ESXiに構築したCentOSにNICを追加したときにNICの設定ファイル(ifcfg-ensXXX)がないときの対処法を説明します。

先日、ESXiに構築されたCentOS7にNICを追加する必要があり、追加した後にIPの設定をしようとして設定ファイル(ifcfg-ensXXX)が保存されているディレクトリを見ても設定ファイルがないことに気づいて対処した時のメモです。

状況

ESXiでNIC追加の操作をした後にipコマンドで確認。以下の「4:ens224」が今回追加したNICです。

ちゃんと認識されているなと思いきや、「/etc/sysconfig/network-scripts/」配下を確認すると対象のファイルが存在しない。。。

確認と対処

以前からのクセでつい設定ファイルを編集してしまうが、もともとCentOS7では設定ファイルを直接編集することは推奨されていないので、nmtuiで確認してみる。

nmtuiコマンドを実行すると NetworkManager TUI が起動するので、「接続の編集」が選択されている状態でEnterキー押下。

すると、見慣れない「有線接続 1」という表示がある。それを選択した状態で右側の「編集」を選択してEnterキー押下。

すると、以下のように接続内容を編集できる。

プロファイル名の「有線接続 1」を「ip a」コマンドで確認したインターフェイス名に修正する。今回の例だと「ens224」となる(下のデバイスにも表示されている)

「OK」⇒「Back」⇒「OK」でCUIに戻り、NetworkManager と network を再起動。その後「/etc/sysconfig/network-scripts/」配下を確認すると対象の設定ファイルが存在している(今回の例だと「ens224」)

以上です。

レクタングル (大)

レクタングル (大)

リンクユニット(レスポンシブ)

-VMware
-, ,

Copyright© ぴぐろぐ , 2018 All Rights Reserved.